スピリチャアル月刊誌アネモネの公式ワークショップ情報サイトです。現在ご活躍のスピリチュアル・リーダーの方々をお招きしての講演会や、各界のエキスパートの充実のワークショップを常時開催しております。 幸次元の扉が開いて、体・心・魂・運気が地球とともにステージアップさせるチャンスです。
火風水龍王ヒーラー
冴木寿光

2018年7月21日(土)〜22日(日)10:00〜18:00(開場:9:45)

冴木寿光さんによる

火風水ヒーラー養成ワークショップ【フェーズ2】

商品番号:180721WST02
40,000円(税込)
残席:8人です / 定員:8人

申込み数

クレジット決済ができます

ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB
クレジット決済にはPAYPALアカウントが必要です。
アカウントをお持ちでない方は、カート内の「PAYPALで支払う」を選択し、「アカウント開設」を選択し、必要事項をご記入ください。 次回からは、IDとパスワードだけで簡単に決済が完了できます。

2018年7月21日(土)〜22日(日)10:00〜18:00(開場:9:45)

冴木寿光さんによる

火風水ヒーラー養成ワークショップ【フェーズ2】

龍王よりもたらされたヒーリングを学ぶワークショップ!

●「火・風・水」それぞれの元素のもつ「境地」を、体感を通して学ぶ

冴木さんによる本格的なヒーリングを学ぶワークショップです。3段階(フェーズ1〜3)のワークショップで、冴木さんが縄文の神・原初の龍(龍王)から受け取った「火風水ヒーリング」を学びます。

冴木さんはヒーリングの本質を 「特定の呼吸法や型をただ覚えることではなく、あなたの生命の感覚や意識が、“ある境地”へと辿り着くこと」だと言います。

「この境地に到達すれば、おのずと、ヒーリングの波動を身にまとうことができるようになるのです」と教えてくれます。

ワークでは、体のし くみやヒーリングの技術を学ぶと同時に、「火・風・水」それぞれの元素のもつ「境地」を、体感を通して学んでいきます。深く学び、実習していくことで、生命が創生されたときのエネルギー「火風水」が覚醒していき、原初の神の生命エネルギーへとひとつにつながっていきます。

「火風水」エネルギーが覚醒すれば、これを任意に、体、心、魂の浄化のために働かせることができるようになりますので、プロのヒーラーを目指す方はもちろんのこと、セルフヒーリングを習得したいという方にもおすすめです。

また、フェーズ3では、 実際に冴木さんが龍王と出会った聖地熊野で、神事やエネルギーワークを行い、更なる深層域に眠っている“龍神の火風水”を覚醒させていきます。

※フェーズ1〜3は順番に受講する必要があります。
※今後も各フェーズを開催していく予定です。フェーズ1〜3の同時受講をおススメいたしますが、今回フェーズ1のみ、あるいはフェーズ2までの受講も可能です。
幼少時に鬼神に育てられた記憶をもち、大学卒業後、20年余りビジネスの世界に身を投じていたが、龍神の中の龍神である原初の龍、龍王との鮮烈な出会いを体験してから人生が一変し、独自のヒーリング手法「火風水龍王ヒーリング」を構築。また、「火風水神事」として大地を癒す「龍王の舞」を奉納する他、神と人が共生する世界実現のため、「火風水神事」を実践するグループ「火風水龍神講」を立ち上げ、天地人をつなぐ役目を果たす。

フェーズ2 “風の章”[風の境地を学ぶ]

【時空のゆらぎが、高きものと低きものを隔て、原初の風が吹き抜ける。】


【基本的なヒーリングエネルギーが流れるようになる。】

フェーズ2では、「火風水」の働きと、原初の「風」の境地を学びます。原初の「風」とは、火(霊)と水(體:からだ)を結び、霊なる魂を物質を伴う体に宿らせる、原初の「力」を備えた生命波動のことです。
心と体をつなぎ相互作用をもたらす、原初の風の力を観察する視点を学びます。冴木さんが先人たちが開拓してきた視点を解説。また冴木さんの8年にわたるセッション経験から、心と体の作用を実例を交えてお伝えします。
「火風水」ヒーリングの全身ヒーリングを学び、実際にクライアントに本格的なヒーリングができるようになります。 また冴木さんが取り組んできた、内なる霊的次元領域を上昇・拡張させるための取り組みなども紹介します。

主な内容(予定)

〇グラウンディング実習「境地の2」

エネルギーを感じ、「風」になる
「風」にセンタリングする
「風」を再生する力、感覚を得る

〇瞑想

「風」の神域を感じる瞑想体験
熊野の岩笛で「風」の振動を体に刻む
「風」の神域とつながる印を学ぶ

〇「火風水ヒーリング」実習3

フェーズ1の復習
全身のヒーリングポジショニングを学ぶ
(背中、足、頭部、胸、お腹、骨盤)

〇「火風水ヒーリング」実習4

全身のヒーリングポジショニングを実践しながら「火風水エネルギー」を「照射」するヒーリング練習。
クライアントの体全身の「代謝」が活性化し、「火風水」エネルギーが転写されます

【講義内容】

界にいる自分の分身、神霊界次元にいる自分/神々とともに「神事」として一緒に「ヒーリング」を行う/個体から霊格をともなう神界の集合意識へ/日本の神々を通じて、龍神界へとつながるクライアントと接する心の在り方/意識に先行する体、記憶装置としての体/意識は混乱した情報を持っている/混乱した情報とエゴを排除する/靈なる龍神・體なる龍神/「火風水」ヒーリングの神髄/絶対信頼がはかれるか?

体験談

私の中に眠っていた龍神が起動し始めました

仕事が忙しいため、冴木先生のセッションは毎月申し込んでいます。セッションを受けると、従来と同じ仕事をこなしても疲れず、がんばり過ぎたときでも一晩で疲労回復、胸の違和感は消え、持病の首痛も改善し、体力 と気力が向上しているのを実感しています。それは、あたかも、私の中に眠っていた龍神のOS(オペレーションシステム)が起動し始めているような感覚で、少なくとも私が知っているヒーリングの概念では収まりきらな い、新しい次元のヒーリングだと感じています。(Eさん)

私たちの内なる神性の発動に尽力してくださる方

龍神さまが、冴木先生を“火風水”の継承者に選んだ理由のひとつには、間違いなく、そのお人柄があげられると思います。 冴木先生は龍神さまや鬼神さまと通じる力を持っておられながらも、人を裁かず、力によらず、私たちの視線の高さに合わせて、いつでも私たちの内なる神性の発動に尽力してくださる、そんな地に足の着い た、お人柄の持ち主だからです。(Aさん)

「この人は本物だ、本物の龍だ!」と直感

アネモネ(2017年12月号)の龍特集で、冴木さんの写真を拝見した瞬間、「この人は本物だ、本物の龍だ!」と直感が走り、すぐに個人セッションを申し込みました。冴木さん曰く、「ヒーリ ングはテクニックでもなければ、ハウツーでもなく、ただ、生命の本源に由来する内なる神性の発現であり、これもまたひとつの神事なのです」とおっしゃいました。私は、はじめて探し求めてい たヒーラーに出会えたと思いました。(Kさん)

【修了証の授与・再受講料について】

※各フェーズ毎に修了証を授与します。 またフェーズ3終了後、一定の実習と認定試験を経て火風水ヒーリングのプロヒーラーとしての認定証を授与します。
※プロヒーラー認定と同時に、火風水龍神講の会員資格が与えられます。
※各フェーズ毎に再受講料を設定予定です

開催日時

イベント名

2018年7月21日(土)〜22日(日)10:00〜18:00(開場:9:45)

冴木寿光さんによる

火風水ヒーラー養成ワークショップ【フェーズ2】

定員 8人
残り席数 8人です
イベント番号
180721WST02
参加費 40,000円(税込)
会場

アネモネセミナールーム

東京都品川区西五反田8-11-21五反田TRビル1F
■JR山手線五反田駅西口徒歩11分 ■都営浅草線五反田駅徒歩11分 ■東急池上線大崎広小路駅徒歩7分

お申込み方法
右記の「ショッピングカート」で、お申し込みください。
お支払が銀行・郵便局から振込の場合は、ご連絡後1週間以内に、下記の口座にお振り込みください。
ATMをご利用の際は、お名前を入力後、5桁のイベント番号をご入力ください。
例)山田花子 XXX00

●ジャパンネット銀行 本店営業部 普通口座
口座番号 8571931 口座名 (株)ビオ・マガジン
●郵便局
口座番号 00110-8-569905 加入者名 株式会社ビオ・マガジン

取消料規定 開催の
14日前から10日前まで
9日前から4日前まで
3日前から前日まで
当日

30%
50%
70%
100%
注意事項

【ご返信がない場合】
3営業日以内に弊社から返信が届かない場合は、お手数ですが、弊社までご連絡下さい。メール設定により弊社からのメールが届かない場合がございます。ご連絡頂く際に、電話番号やFAX、別のメールアドレスなど、他の連絡手段もご連絡頂けると幸いです。

【キャンセルについて】
受付完了後は、お振込みの如何に関わらず、下記の取消料金がかかります。またお振込み期日を過ぎても自動的なキャンセル扱いとはなりません。ご了解の程お願いいたします。

【代わりの方のご参加について】
代わりの方がご参加いただくことは可能です。その際は必ずご連絡ください。

【取消料規定】
開催の14日前から10日前まで30%/9日前から4日前まで50%/3日前から 前日まで70%/当日100% ※一部規定を別途設定しているイベントもございます。
災害や主催者側の都合によって、イベントが中止になった場合、受講料はご返金いたします。

電話・FAX・メール等でのお問合せ

ビオ・マガジン イベント係
TEL:03-5436-9204  FAX:03-5436-9209  E-mail:workshop@biomagazine.co.jp




Top
株式会社 ビオ・マガジン(BIO MAGAZINE,INC.) 東京都品川区西五反田8-11-21 五反田TRビル1F

TEL:03-5436-9208   FAX:03-5436-9209