スピリチャアル月刊誌アネモネの公式ワークショップ情報サイトです。現在ご活躍のスピリチュアル・リーダーの方々をお招きしての講演会や、各界のエキスパートの充実のワークショップを常時開催しております。 幸次元の扉が開いて、体・心・魂・運気が地球とともにステージアップさせるチャンスです。
チャネラー
鈴木啓介

【オンライン】2021年1月24日(日) 20:30〜22:20

鈴木啓介さん

7次元の高振動を浴びて、トラウマ昇華&振動数を上昇する

商品番号:210124WKS01
18,000円(税込)
残席 満席
【定員 50人】

満席につき、キャンセル待ち受付中
「キャンセル待ち」を受付けしております。
下記のお電話かメールでお申込み下さい。

クレジット決済ができます

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
クレジット決済にはPAYPALアカウントが必要です。
アカウントをお持ちでない方は、カート内の「PAYPALで支払う」を選択し、「アカウント開設」を選択し、必要事項をご記入ください。 次回からは、IDとパスワードだけで簡単に決済が完了できます。

【オンライン】2021年1月24日(日) 20:30〜22:20

鈴木啓介さん

7次元の高振動を浴びて、トラウマ昇華&振動数を上昇する

20日までにご入金済みのお客様には、20日にZOOMに必要な情報をお送りしております。

スターシードが持つ、過去の星から来た孤独感と悲しみを解放

7次元の高振動を浴びて、トラウマ昇華&振動数を上昇する

鈴木啓介
すずきけいすけ◎チャネラー。1956年生まれ。大学卒業後、転職を経て外資系製薬会社に22年間勤務。2006年、スピリチュアルに批判的だった自身が、衝撃的な宇宙人のウォークインによる覚醒を体験。それを契機に、潜在意識ダイビング、ブロックの知覚、高次元からのメッセージを受け取る能力が次第に開花。全国でワークショップ、個人セッションを開催するようになる。ワークはその後10年以上に渡り、各地で毎回満席の人気ぶり。2020年からは「StarSeed覚醒ワーク」を始動。

【新着情報】「7th Wind (7次元からの風)」のワークも行います

1月24日のセミナー当日は、「7th Wind (7次元からの風)」という、新しい周波数によるワークも取り入れることになりました。
7th Wind とは、7次元からの周波数の振動を、鈴木さんが作曲したチャネリングミュージックに乗せたワークで、これまでの意識上昇ワークよりもさらに、高次元の波動を強く響かせ、それにより、物理次元に結び付いている各自の周波数を、3.1次元・・3.2次元・・・へと、より霊的に覚醒した次元へとシフトさせることを意図したものです。
アネモネ主催の鈴木さんのオンラインセミナーでは、2曲のチャネリングミュージックによるワークを行いますので、1曲目が「スターシードが持つ特有のトラウマを解放」するワークで、そして2曲目に「7th Wind(7次元からの風)」のワークという流れになります。

●スターシードが持つ特有のトラウマを解放
7次元の振動を体感し次元上昇のレールに乗る

今回で4回目となるStarSeed覚醒ワークは、年が明けて強力に次元上昇を促すために、さらにパワーアップさせて開催します。
高次元からのウォークインを体験後、現在まで8冊の書籍を発刊し、170回を超えるワークを毎回満席にしてきた鈴木啓介さんが、今回アネモネ専用に、新バージョンとして「スターシードたちが無意識下に共通して持つ、トラウマを昇華して、意識の振動数を一気に上昇させる」ためのワークを起動してくださいます。
宇宙人としての魂を持ちながら、この地球に転生しているスターシードたちは、周りに自分の感覚を理解してもらえない孤独感や悲しみ、周囲との感覚の違いや傷つきやすさから劣等感や自己否定を幼少期から持っており、無意識下に封じ込めていることがよくあります。
今回は、スターシードが次元上昇をする際に絶対に必須な条件である、地球での孤独感や悲しみなど特有のトラウマをクリアできるよう、鈴木さんが誘導します。

【StarSeedが持つ特定のトラウマとは?】

●強烈な孤独感・悲しみ(たった1人でアウェイに来てしまったため)
●劣等感・自己否定(感覚が周りと違うため、自分はおかしいと思い込んでいる)
●恒常的な絶望感(もう絶対に故郷の星に帰れないという絶望感)

●元々いた次元の感覚を再体験し、
 高い波動を復活させる

「高次元に移行するには実際に高次元を体験し、その次元の振動数をあらかじめ会得しておくのがベストです」と鈴木さん。基本的にこの3次元世界は「言葉」でコミュニ―ケーションをとっています。しかし高次元には「言葉」はなく、幾何学的意識や波動、音がコミュニ―ケーション手段となっているため、「言葉」という限界点の低いツールは次元上昇に対しては、なんの役にも立たないといいます。
鈴木さんは、高次元からウォークインを受けたのち、自分自身の身体から高振動が発せられるようになり、その波動を伝える(相手の霊的ボディに高振動を与え共振を起こす)ことで多くの人を目覚めへと導いてきました。しかしそれでは一般の人にはマニアック過ぎるため、自らが創作した(高次から降ろした)音楽に高次の波動を乗せて、その振動を体感することで、より効果的に伝わるようにアレンジをされました。その音楽を使い行うのが、このワークです。次元上昇がすでに進行し始めたいま、多くの方に炙り出ている症状が、スターシードとしてのトラウマだそうです。今回は、これに焦点をあてて解放し、個々のアセンションがスムーズに進むことを目的としています。

★音楽を聴いて集中するため、ヘッドフォンをお勧めします。ない場合は、通常のイヤフォンでも良いです。

7次元の高振動を浴びて、トラウマ昇華&振動数を上昇する


高次元の音の導きで7次元を体験! 第12チャクラまで開く :鈴木啓介さん紹介PV


《こんな方におすすめ》

●子どもの頃からこの世界に違和感を感じる
●周りと違うので、自分はダメという劣等感がある
●友人、家族の中にいても孤独感を感じることがある
●基本的に人が怖い
●星を見ていると、帰りたいと思う
●いい加減な気持ちではなく、本気で次元上昇する意思がある etc.

《期待される効果》

・インナーチャイルドの解放
・霊的振動数の上昇
・潜在意識が変わり人生そのものが好転する
・スターシードとしての意識に目覚める
・ブロックの解放 etc

体験者の感想

●耳に届いた音は瞬時に、心地よく頭の中に優しく、気持ちよく、広がっていきました。ワーク中、「覚悟はできている」と宣言した私は、音のベールにつつまれて、ハイアーセルフに身をゆだねました。私の「もっと上に行きたい」との思いと、ハイアーセルフの「上昇する」の声が同時に起こると、鈴木さんが「もっと上に行きます」と話され、「全部つながってるんだね〜」と実感すると、なぜか可笑しくなって、ハイアーセルフと私は声をあげて笑いました。私がいた場所からハイアーセルフと地球を見下ろしたとき、肉体を持って地球にいる貴重な時間を活かさなければと!と、何か使命のようなものを自覚しました。
●思い返すと、ワーク当日から連絡を取らなければと思っていた3件から連絡が入ったり、3日後には大きな気づきで号泣したり、その2日後には数年前から行きたかった国での通訳の仕事が入るなど、いろいろな変化が起こりました。小さなことでも自分にできることで、地球や人に貢献していこうと思います。
●誘導されて上がっていくと、たくさんの光がいろいろな方向から一緒に上昇しながら集まり、自然とくっついて、大きな光になり下を照らしていました。
とても心地よい楽園の感覚。
その後、魂と身体を同期して、魂の光を身体いっぱいに広げると光は外にもあふれ出しました。 光でいることが自然な自分。
その後、カラフルな大きな神聖幾何学が一つ、どーんと見えたあと、きれいな色とりどりのまるで遊園地のような世界が現れました。美しい自然とカラフルな世界の融合。
おもちゃ箱をひっくり返したような明るく楽しく軽い世界、みんながそれぞれに楽しんでいました。
こんなおもしろいビジョンは初めてみました^^これからの楽しい地球だといいですね。 私自身が光って、周りの人みんなを光らせて生きます。ありがとうございました!

【鈴木さんより♪メッセージ】

この3次元では思いを伝える手段として「言葉」という媒体を使うのが一般的です。 しかし実際に高次元の世界を体験してみると、そこは理論理屈をはるかに超えた世界であるため、高次元に到達するには言葉というツールはほとんど役に立たないことがわかります。 そのため、スピリチュアルなワークでは波動や言葉による誘導=イメージ力を使うこともありますが、実際には波動を感じたのか感じなかったのか? イメージすることで解放されたのか? されなかったのか?
そのあたりの実感に乏しく、あいまいなまま終わる・・・というのが今までの実情だったように思います。

次元上昇が迫ってきている今、これでは前に進むスピードがなかなか追いつきません。
私のワークでは、誰でも感じることが出来る「音楽」を使って、高次元に入り、その人のブロックを解除したり、チャクラを解放したり、霊的覚醒を得たりということをします。
厳密に言いますと、音楽の波動が高いため、その周波数に高次元の波動が降りてきやすくなるので、参加者は高次元に触れるようになるのですが、そのあたりは特に身構えることなく、リラックスをして音を聞いていればあとは自然に覚醒へと導かれて行きます。
但し極端にチャクラが閉じている場合、どんなに優れたワークであってもご自分の潜在意識レベルで拒否が生じてしまいますので、当日は出来るだけオープンハートで受講するようにして下さい。

【当日のスケジュール】

1 レクチャー  30分
   10分休憩
2 オリジナル音楽を使ったブロック解放ワーク 30分
   10分休憩
3 オリジナル音楽を使った7次元体験ワーク  30分
オンライン(ZOOMウェビナー使用)、要インターネット環境。
・お支払い済みの方には、ZOOMウェビナーのご招待URLをEメールにて送信いたします。
・セミナー当日は、ご招待URLのリンクを開くだけでOKですが、事前にアプリのインストールを済ませておくとスムーズです。
・当日リアルタイムで参加できなかった場合でも、録画を1週間ほど視聴可能です。
※開催日後、準備が出来次第、数日中に録画配信視聴用のURLをメールでお送りします。 ※zoomでのワークの録画になりますので、当日の電波の状況やネットのトラブル等により、録画がうまくできなかった場合は、録画配信ができないこともありますので、その旨ご了承ください。

《お申し込み期限》

Paypal(クレジットカード):1月24日18時まで

銀行振込:1月22日15時入金分まで


《注意事項》

・workshop@biomagazine.co.jpのメールアドレスが受信できるように設定をしておいてください。
・配信用アドレスが届かない旨の連絡が多発しております。
 その場合は、必ず迷惑メールフォルダを確認してください。
・メールアドレスが有効でない場合には、お申込みを受け付けられませんので、ご注意ください。
・ezwebは不着のトラブルが頻発しているため、出来るだけそれ以外、gmail 等のアドレスからお申込みください。


開催日時

イベント名

【オンライン】2021年1月24日(日) 20:30〜22:20

鈴木啓介さん

7次元の高振動を浴びて、トラウマ昇華&振動数を上昇する

定員 50人
イベント番号
210124WKS01
参加費 18,000円(税込)
会場  <上記参照>
お申込み方法
右記の「ショッピングカート」で、お申し込みください。
お支払が銀行・郵便局から振込の場合は、ご連絡後1週間以内に、下記の口座にお振り込みください。
ATMをご利用の際は、お名前を入力後、5桁のイベント番号をご入力ください。
例)山田花子 XXX00

●Paypay(ペイペイ)銀行 本店営業部 普通口座
口座番号 8571931 口座名 (株)ビオ・マガジン
●郵便局
口座番号 00110-8-569905 加入者名 株式会社ビオ・マガジン

取消料規定 開催の
14日前から10日前まで
9日前から4日前まで
3日前から前日まで
当日

30%
50%
70%
100%
注意事項

【ご返信がない場合】
3営業日以内に弊社から返信が届かない場合は、お手数ですが、弊社までご連絡下さい。メール設定により弊社からのメールが届かない場合がございます。ご連絡頂く際に、電話番号やFAX、別のメールアドレスなど、他の連絡手段もご連絡頂けると幸いです。

【キャンセルについて】
受付完了後は、お振込みの如何に関わらず、下記の取消料金がかかります。またお振込み期日を過ぎても自動的なキャンセル扱いとはなりません。ご了解の程お願いいたします。

【代わりの方のご参加について】
代わりの方がご参加いただくことは可能です。その際は必ずご連絡ください。

【取消料規定】
開催の14日前から10日前まで30%/9日前から4日前まで50%/3日前から 前日まで70%/当日100% ※一部規定を別途設定しているイベントもございます。
災害や主催者側の都合によって、イベントが中止になった場合、受講料はご返金いたします。

電話・FAX・メール等でのお問合せ

ビオ・マガジン イベント係
TEL:03-6417-9490  FAX:03-5436-9209  E-mail:workshop@biomagazine.co.jp




Top
株式会社 ビオ・マガジン(BIO MAGAZINE,INC.) 東京都品川区西五反田8-11-21 五反田TRビル1F

TEL:03-6417-9490   FAX:03-5436-9209